最新の情報はこちら
スタッフブログ

大学生の現役チャットレディ、始めた理由♪

はじめまして、今回初めてブログを書きます、現役チャットレディのすいかです!

私の話をする前に、見ていただきたいものがあります。

1ヶ月約25日出勤、稼働時間100時間以上

お給料約20万円

1ヶ月約15日出勤、稼働時間60時間未満

お給料約30万円

これはどちらも私が経験したアルバイトの勤務内容一例です

①はいわゆる事務作業や、電話対応など、

コールセンターで働いていた時です。

そして②が今現在働いているチャットでの例になります。

自分で書いてみても、かなり違いがあるなぁと思いました。

今回の私の記事では、

・チャットレディをすることになった理由

・始めてから変わったこと

を、お伝えしたいと思います!

簡単に自己紹介をすると、

1999年生まれ、今年21歳になったばかりの

大学3年生です。

チャットレディを始めたのは、19歳の冬で

今やっと1年半位になります。

高校生の頃は、大学生になったらたくさんバイトをしてたくさん稼いで一人暮らしをして….、と色々想像したりしましたが、

大学生になってみるとレポートに、授業にテストに、と、思ったよりも自由に使える時間が少ないというのが現実でした。

憧れの一人暮らしも始めてみたら、思ったよりも大変!

空いた時間を工夫すればなんとかやっていけるだろう!と思ったこともあります。

でも結局空いた時間は、友達と遊ぶことに使って

むしろ遊ぶ時こそ一番お金を使っている気がします。

飲みに行ったら13000円くらい、それが週に何回もで、誰かの誕生日とかでもかなり使います。

お金がないからバイトを増やす、でも増やしたら友達と遊べない、授業も大変….

でも何をするにもお金が必要だし…..

ならば!

と、高時給のバイトを探しまわりました。

日雇いの派遣、コールセンターなど、

いくつか実際に働いたこともあります。

確かにそういったバイトは、普通の飲食店などに比べれば何百円か時給が良かったりします。

けれど、実際の勤務状況は最初にお見せした通り、①の状態、つまり25日間働きづめ…..

余計に使える時間は減っていきました。 

 

そして、時給が高いということはアルバイトをする人が少ない、更に言うと、

勤務内容が厳しくて続けられないバイト、

とも言えます。

①のアルバイトの時は、本来22:00で終わるはずがミーティングや反省会みたいなものがあり、時給の発生しない時間まで残らなければならない、ということが普通にありました。

寝るのも遅くなるので、授業には遅刻したり

何のためのバイトだったのか分からなくなっていました。

自分のやりたい事のためにしていただけのはずのバイトが、

私の時間のほとんどを占領するようになっていきました。

すぐに辞めてしまえばよかったのかもしれません。

けれど、辞めると伝えた後も1ヶ月は働かないとお給料がもらえない、

せっかく教えてくれた先輩方に申し訳ない、

それに、今以上の時給のバイトなんて見つけられない、

そんな理由でなかなか踏み出せませんでした。

しかし、大学が忙しくなってしまい

物理的にもうシフトが入れられなくなり

泣きながら社員さんにお願いして辞めることになりました。

やめてから何ヶ月かは予想していた通りの

学生生活を送れました。

苦しいバイトでも、お給料だけはいいので、

たまった貯金で遊んで買い物して!

バイトがない分、家にも早く帰れたので

毎日掃除をしたり、ちゃんと洗濯したり。

ただ、当たり前ですが貯金はどんどん無くなります。

30万近くあったはずなのに3ヶ月足らずで残金は4桁まで減っていました…..

その時思ったのは、「もうコールセンターはいやだ。でも時給の高いバイトなんてもう水商売しかないのでは」なんてことでした。

水商売、キャバクラだったりガールズバー、

風俗も頭をよぎりました。

自分はまだ若いし、容姿は美人ではないけど

きちんとお化粧して綺麗な服を着たらなんとかなるはず。

それに人と話すのも得意な方なんです。

コールセンターでさらに鍛えられてましたし..

けれど実際に調べてみると、

水商売=誰でも大金が稼げる、という訳ではありませんでした。

例えば、キャバクラで働こうと思った私が

まず引っかかった点が

お酒を飲まなければならない

営業のメールが大変

昼夜逆転してしまう生活

この3点です

これではほとんどバイトを変える意味がありません。

前回、生活の中心がバイトになってしまった時に自分の人生で何を大切にするべきなのかを考えました。

自分の生活の中で、バイトというのはあくまでお金を稼ぐ手段でしかない。

良い成績を挙げるのも、誰かと競い合うのも

大学の中でやるべきだ。

じゃあ私がバイトを探すときに必須の条件にしなければいけないのはなんだろう??

バイトを探す中で条件を四つに絞りました。

自分の好きな時間に働ける

短い時間で高時給

ノルマや営業は無し

少しくらい楽しんで働きたい

……..ちょっとびっくりするくらい自分勝手ですね笑

でも、一番優先したいことが決まっているからこそ、それを譲れないからこそ、

妥協せずに探すことができました。

そしてやっとたどり着いたのが今のバイト、

チャットレディです。

チャットレディという職種のことは

なんとなく知っていました。

画面越しに男の人と話せば良いんだよね?くらいのものでしたが。

試しにネットで口コミを調べてみても、

風俗と違って直接関係を持つとか、

ノルマだったりも無くて、かなり惹かれました。

ただ、説明を読んで気になったのは

『顔を出しておしゃべり』するというところ。

チャットレディはもちろんきちんとしたお仕事です。

働いている私が責任を持って言えます。

しかし、じゃあ誰にでもはっきり言えるか?

と聞かれたらそうではありません。

もしばれたら?

しりあいに見つかってしまったら?

すごく不安でした。

じゃあなぜ、チャットレディで働くことを決められたのかというと、

その不安以上のメリットがあったからです。

私が決めていたの条件、それを全て叶えてくれていたのです。

それだけで、私が働く意味は十分でした。

ばれたらと考えたけれど、高額なチャットを利用するような経済環境の人って、だいたい30-50代くらいの人たちだし、その年代に友達なんてなかなかいないです。

それに、ちょっと悪い考えだけど、

私を見つけたってことはその人もチャットをやっているんだから、立ち位置はおんなじなんです。

漫画やドラマみたいに脅されて、なんてことは現実でなかなかおこりません。

働く時間も深夜だけという訳じゃ無いから、

家に帰る時間は普通のバイトと変わらない。

むしろ朝礼とかミーティングなんかが無い分

以前より早く帰れるようになりました!

 

それと、実は意外と気にしていた条件が

ちょっとくらい楽しんで働きたい

というもの。

だって2時間とか4時間とか、長い時間を使うバイトだし、楽しめた方がいいから….

楽しいと感じられる仕事は、

長く続けられます。

私は始めてから、今1年半くらいが経ちましたが、実はある程度お金を稼いだらすぐやめようと思ってたんですよ。内緒です笑

なんだかんだ言ったって、知らない人と話続けるのなんて疲れちゃうでしょって思ってたんです。

でもね、想像してみてほしいんです。

コールセンターでは、お客さんに電話をかけると

「かけてくるな!うるさい!」と言われて、社員さんからは

「そんなことで諦めてたら契約にならないだろ!」と

双方から怒鳴られるバイトをしてた子が、

チャットレディを始めてから、

会いにきてくれるお客さんに

「どうしてそんなにかわいいの!」

「すいかちゃんはすごく頑張ってる良い子だね」って言われて、

バイトをやめようと思うことがあるでしょうか。

一歩踏み出すことはすごく不安で

その先のこともわからない、自分に向いてるのかもわからないと思います。

誰にでもできる、とはあえて言いません。

「簡単で楽で誰にでもできる仕事」なんて

怪しすぎるし、見たことも無い。

でも、こないだまでただのアルバイトだった

大学生の女の子がやってやる!って勢いで飛び込んでみたら、案外うまくやっていけてるんです、だから今読んでくれてるあなたも。

自分が向いてるか、できるかがわかるのは

結局働く前に知ることは無理で、働きはじめてからなんです。

私は、私のしたい生活のためにこの仕事を選んで正解だったと思っています。

私の話が、少しでもお役に立てることを願います!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます

お問い合わせ・面接応募