機会が不公平?それって真実ですか?(神奈川横浜ライブチャットプロダクション三上の独り言) | グラマラスブランド

グラマラスブランド > スタッフブログ > 『社長のブログ』 > 僕の考えや思い > 機会が不公平?それって真実ですか?(神奈川横浜ライブチャットプロダクション三上の独り言)

ブログ

機会が不公平?それって真実ですか?(神奈川横浜ライブチャットプロダクション三上の独り言)

神奈川最大級のライブチャットプロダクション

夢の高収入を実現した人気チャットレディーが多数在籍する
グラマラスブランド横浜 代表の三上で~す(o´∀`b)b♪

 

 

 

 

渋谷から横浜に戻る電車の中で

「私は公平に扱われていない。」

 

 

 

 

20代半ばくらいのOL風の女性の声が

耳に入って来ました。

 

 

 

 

「まあ、そう感じたら辛いだろうね・・・」

と彼女の気持ちに共感を覚えながら

 

 

 

 

ある小学生の時の記憶が

蘇って来ました。

 

 

 

 

あなたは

「自分が公平に扱われていない。」

 

 

 

 

そう感じて

寂しく感じたり

不平不満を感じることありますか?

 

 

 

 

誰かが特別扱いされている

贔屓されている

 

 

 

 

そんな風に感じて

やる気をなくすことありますか?

 

 

 

 

僕は小学生5年生の頃

担任のN先生がN君やS君といった

真面目で成績優秀な友達が

 

 

 

 

先生に良く声を掛けられていたり

バードウォッチングなどに連れていってもらったり

しているのを知って

 

 

 

 

 

「なんだよ~贔屓じゃん。」

って思ったことがあります。

 

 

 

 

 

「なんだよ、それ!ずり~な~」って

不満に思っていたのを覚えています(笑)

 

 

 

 

でも面白いもので

今、その時のことを振り返ってみると

全然イメージが違うことに気づいたのです(^^♪

 

 

 

 

N先生は

すごく教育熱心な方で

 

 

 

 

勉強のことだけでなく

学校での生活態度や家庭での過ごし方

 

 

 

家族や友達との関わり

地域の人との関わりなどについても

 

 

 

小学生の僕ら相手に

本気で熱心に語りかけるような方でした

 

 

 

一人の人として僕らを見て

良い人生を送って欲しいと

心から願っている

 

 

 

そんな先生でした。

 

 

 

 

ですから

生徒を時には厳しく叱ることを

全く恐れていない。

 

 

 

でも頑張ったり

良い結果を出せば

 

 

 

誰よりもほめてくれるような

そんな方でした。

 

 

 

 

そう

N先生は贔屓をしていたのではない

今はそう思います。

 

 

 

頑張った子結果を出した子を

ただ本気で称賛していた。

 

 

 

 

成績優秀な子でも

生活態度が悪ければ

本気で叱っていた。

 

 

 

 

結果が悪くても

すごく努力していれば

 

 

 

 

「頑張ってるじゃん!」

ってすごく褒めていた。

 

 

 

そうそう

思い出しました。

 

 

 

 

成績も頑張り風な僕が

3学期にテストで

クラス4番目くらいの結果を出した時

 

 

 

 

「お前、良くやったな~♪♪」

って、みんなの前で褒めてくれたのです。

 

 

 

そして、なんと

 

 

実はめっちゃ行きたかった

バードウォッチングにも誘われ

連れていってもらえたんです(笑)

 

 

 

 

それは頑張ったご褒美でした。

意味もなく贔屓をして

自分の気に入った生徒だけを

連れて行っていたわけではなかったのです。

 

 

 

 

いわゆる優等生だった

N君やS君も

 

 

 

 

特別扱いされたから

頑張ったんじゃない。

 

 

 

 

頑張ったから

結果を出したから

特別扱いされたんだ。

 

 

 

 

機会は最初から公平にあった。

それを活かした人が特別扱いされた。

 

 

 

活かさなかったひと

努力しなかった人

頑張らなかった人に

特別扱いが無かっただけ。

 

 

 

 

N先生ほど公平な方はいなかった。

今の僕はそう思うのです。

 

 

 

何かを得たければ

欲しい結果が得たければ

 

 

 

 

してもらうのを待っているのではなく

チャンスが来るのを待っているのではなく

 

 

 

 

自ら、主体性、積極性を発揮して

人に負けない努力をして

 

 

 

 

チャンスを見つけ

掴みとることが大切だなと

感じるのであります♪

 

 

 

 

電車で見たOLさんが

本当に公平に扱われていないのか

実は公平さを履き違えているのか

 

 

 

 

それは僕にはわかりませんが

どんな状況であっても

 

 

 

 

自身が感じる不公平感を理由に

頑張ることを辞めないで欲しいな。

そう思います!

 

 

 

 

あなたが頑張っていることは

ちゃんと誰かが見てくれています!

 

 

 

さあ今日も最高の一日にしましょう(^^♪

 

 

 

グラマラスブランドに興味がある方はこちらのHPをご覧下さい♪

https://gb-chat.com

 

 

おすすめサービス